2021.03.15

ITソリューション

【緊急版】Windowsアップデート不具合情報

先週水曜日頃より弊社でも

Windowsアップデートによる不具合を確認しております。

今回の事象を下記へまとめました。

 


 

・不具合内容
①WORDとEXCELの不具合⇒アプリが起動しないやこの操作を完了するためのメモリが不足していますのエラー等が出る。(
ファイル共有を利用している場合に多発)
②印刷不具合⇒印刷かけるとブルースクリーンになってしまったりJPEGファイルの印刷時に画像が欠けてしまう等

・原因(現時点での特定分になります)
更新アップデートのKB5000802またはKB5000808が悪影響を与えている。

 

・解決策
KB5000802とKB500080
8のアンインストール

 1.[コントロールパネル] > [表示方法を大きいアイコン]へ変更
2.[プログラムと機能] 又は [インストールされた更新プログラム] を開く
3.該当するアップデートを選択し[アンインストール]をおしてアンインストールをして頂く

※上記でも解決しない場合のEXCELやWORDの応急処置方法
1.[ファイル] > [オプション] とクリック
2.[トラスト センター] 又は [セキュリティ センター] を開く
 3.[保護ビュー] タブですべてチェックを外し、[OK] で設定変更

 


 

以上となります。

また追加情報等ありましたら追記を致します。

 

ご不明な点や改善しない等お困りごとがありましたら弊社へお気軽にご相談くださいませ。

 

2021.03.09

セキュリティ

UTMについて

引用Security NEXT (security-next.com)

 

上の画像はあるサイトにあった一日のセキュリティニュースになります。この一日のニュース内容を

みるだけでも、ランサムウェア、フィッシングメール、不正メール等…いろいろな危険ウイルス

が世の中に出回ってしまっていることがわかります。

今回、紹介するUTMはそうした危険なウイルスから少しでも会社を守りやすくするための商品

になります。

UTMとはUnified Threat Managementの頭文字を取ったもので日本語では『統合脅威管理』

と呼ばれています。

UTMにはインターネットサイトの閲覧やメールのやり取りを監視して脅威から守る役割があり、

さまざまなネットワークを監視するためにファイアウォールやWebフィルタリングなど

複数のセキュリティ機能を統合したものが【UTM】です。

ファイアウォール機能

「安全な通信」と「安全ではない通信」を振り分けて

ネットワーク内のアクセスを安全に保つものです。

具体的には内部と外部の通信を監視して、

設定したルールにしたがって通信させたり、ブロックしたりします。

不正アクセスなどの外部からの攻撃を守る役割がファイアウォールになります。

 

アンチウイルス

様々なコンピュータウィルスを発見する機能です。

各パソコンにもインストールされていることが多い機能ですが、

PCアンチウィルスソフトの更新タイミングなどのスキをついて

外部から攻撃してくることもあるため、PCに届く前の段階であるUTMにも

アンチウイルスの機能が備わっているものがあります。

 

アンチスパム

スパムメールを聞いたことはありますか?

メールに広告を載せたりしていて、受け取る側が迷惑と感じるメールです。

見慣れないメールアドレスから知らぬ間にメールボックスに入っていた経験も

あるのではないでしょうか。

アンチスパムはこうしたスパムメールやフィッシングメールといった不要なメール

を仕分けしてくれる機能です。

 

ウェブフィリタリング

有害なサイト(例:アダルトサイト、暴力、ドラッグなど)への

閲覧制限をかけることができる機能です。

有害なサイトには閲覧しただけで、内部情報を持ち出されてしまうような

スパイウェアが仕込まれたりしています。

そうした危険を未然に防ぐためにウェブフィリタリング機能が備わっています。

 

 

UTMのメリット

 

運用コストと手間が削減される

ファイアウォールにはこのセキュリティ機器、脅威の種類分の機器

を導入すると運用担当者に負担がかかります、。また導入コストや運用コスト

の負担も上がってしまいます。。しかし、UTMは複数のセキュリティ対策を1台

で行うことができるので、コストと運用担当者の手間を大幅に下げることができます。

FortiGateシリーズ 多彩なセキュリティ機能イメージ図

導入が容易である

UTMは機器なので、パソコンにソフトをインストールするといった作業

が発生しません。機器を設置するだけですので導入がとても容易です。

 

UTMが必要な理由

 

未知の脅威が多様化しているから

最近では数えきれないほどのマルウェア(ウィルス等)による被害が報告されています。

社員のPCのどれかが感染してしまうと瞬く間に社内中にウイルスは広がり

壊滅的な打撃を受けることもあります。

これらの被害は「未知の脅威」と呼ばれ

既存のファイアウォールでは被害を抑えることが難しくなってきています。

 

複数のセキュリティが必要だから

①の「未知の脅威」に対応するためには、

ファイアウォールだけではない複数のセキュリティが必要です。

そのため、複数のセキュリティ機器を導入するよりも

一台で複数のセキュリティ機能持つUTMが手軽ですし、企業の防御には必要なのです。

 

そして日本社会としてマイナポイントの取り組みなど、IT化が進んでおります。

いまはPC等で個人情報や重要情報を取り扱っていなくても、今後はどこかで必ずそういう情報を

ネットで取り扱うときが来ると思います。

その時の為に、今から会社のセキュリティレベルを高めることは重要になってくると思います。

 

ソース画像を表示

もしかすると、弊社の担当営業から一度話を聞いたことがあるかもしれません。

もう一度、一度弊社担当営業から話を聞いてみてはどうでしょうか?

御社に合わせた最適なご提案ができると思います。

ご連絡お待ちしております。

 

 

 

 

 

2021.01.18

ドキュメント

Sharpdesk Mobile のご紹介

 

今回はSHARPが提供しているモバイル用アプリケーションの「Sharpdesk Mobile®」のご紹介です。

 

 

こちらはスマートフォンやタブレット(以下モバイル端末)とシャープ製の複合機を連携し、文章や写真等を活用できるようになるアプリケーションです。

 

このアプリケーションがあればパソコンを使わずにモバイル端末へ複合機から文章をスキャンしたり、モバイル端末内の写真や文章を印刷することが出来るようになります。

 


 

・実際の利用シーンとしましては・・・

 

シーンその①  様々な現場で撮った写真をパソコンを使わずにすぐに印刷!

 

シーンその②  文章や画像をスキャンしてモバイル端末で持ち運び、場所を選ばずに資料を確認!

 

 


 

またスキャンしたデータはメールに添付したり、クラウドサービスへアップロードしたりと活用していただけます。

モバイル端末を使うことが当たり前になった現在、複合機との連携でより便利にお使いいただけます。

 

 

こちらのアプリケーションは App StoreGoogle play より無料でダウンロードができます。

対応機種やSharpdesk Mobileの設定方法などは各営業担当までお問い合わせください。

 

2021.01.01

ITソリューション

奉行クラウドのご紹介

新年、明けましておめでとうございます。
平素はご愛顧を賜わり、厚く御礼申し上げます。

旧年中は、多大なるご尽力をいただき、誠にありがとうございます。
2021年も、より一層のご支援、お引立てを賜りますようお願い申し上げます。

本年も宜しくお願い申し上げます。

 

さて、今年初めのご紹介内容は老舗の業務ソフトOBCの奉行クラウドです。

 

昨年、いつでもどこでもという観点でテレワークでも再注目を浴びました。

奉行シリーズは主に会計や給与などでご利用頂くことが多い業務ソフトです。

 

こういった業務ソフトでは従来はパッケージソフトのみで各パソコンにインストールをしてご利用頂く方式が一般的でしたが近年クラウド化が進んできました。

 

OBCでは2016年より奉行クラウドを開始し、現在では多くの方が奉行クラウドへシフトされたり新たにご利用されております。

従来のパッケージソフトからクラウドへのメリットに関して下記で簡単にご紹介しております。

 

■奉行クラウドのメリットご紹介■

 

 

現在のコロナ禍でも、いつでもどこでもできるという所で注目を浴びております。

バックアップ管理なども自動でクラウドでやってくれるため毎回作業する必要もない為

お手軽面も注目されております。

ご興味がありましたらお気軽に弊社担当へご相談くださいませ。

 

また、現在奉行シリーズご利用のお客様にはクラウドへの切り替えキャンペーンもやっておりますので

ご興味がありましたらお気軽にお問合せください。

 

■OBC奉行クラウドキャンペーン■

 

 

 

 

2020.12.26

ITソリューション

MAXHUBのご紹介

早いもので本年も残すところ、あとわずかとなりました。

「オンライン〇〇」

先日発表されました新語・流行語大賞2020の中のトップテンの中にこのような単語が入っておりました。

確かにこの1年振り返ってみると多くの場で「オンライン〇〇」という単語を聞いたり

使ったりしていると感じました。

この一年、オンライン飲み会、オンライン商談、オンライン面談、多くの単語が出てくると同時に

仕事のやり方も今までとは大きく変わった思います。

それに合わせてお客様が求める商品も大きく変わりました。

今回紹介する「MAXHUB」はその求めるニーズの中でも一番多かったWeb会議を簡単に

できるようになる大型ディスプレイです。

 

MAXHUB詳細  ⇒⇒MAXHUB_S_series⇐⇐

 

遠隔地とのコミュニケーションが円滑に

またWeb会議だけでなくホワイトボード機能あり

普段使用しているPCの画面をワイヤレスで簡単に移すこともできます。

MAXHUBにかかわらずWeb会議を簡単に行える大型ディスプレイ商品はいろんなお客様

が導入しております。

デモも行えますので興味ある方は一度ご連絡下さい

 

 

 

2020.12.01

ITソリューション

テレワーク

12月に入り、新型コロナウイルスの脅威がまた増加傾向にあります。

従業員の通勤手段で電車などの公共交通機関を使わざるをえないと思います。

会社、従業員を守るためにも、ぜひテレワークをご活用下さい。

「テレワーク」という言葉をよくテレビなどでも報道されてますので聞いたことがあるかもしれません。

下記のリンクを一度ご参照下さい。

テレワークとは|日本テレワーク協会 (japan-telework.or.jp)

 

「普段、社内でやっていることが自宅からできる」コロナ渦の状況では非常に役立つと思います。

 

テレワークの環境構築はそんなに難しいことではありません。

 

「会議ができない」「客先に行かない」といけないという理由でテレワークなんてできない。

という声もあると思います。

以前ご紹介したWeb会議システム(Zoom,Teams)などと組み合わせれば自宅にいながら

でも会議などができるようになります。

 

しかし、すべての仕事をテレワークでやることは無理だと思います。

多くの企業では通常業務とテレワークを使い分けています。

まずはシステムを構築してテレワークができる環境を作っておくことも大切だと思います。

どのようにテレワークしていったらいいのか?やり方がわからない等

一ご不明な点等あれば営業までご相談下さい。

 

 

 

 

2020.10.30

ITソリューション

Teams

このコロナ禍の中で「テレワーク」、「Web会議」という言葉を多く聞くようになったと思います。

実際、今年にはいってから多くの会社がテレワーク、Web会議を使っており1月から7月までを比べると約2倍に

なっております。

今回、ご紹介しますのは「Teams」です。「Teams」とは何かというとMicrosoftのWeb会議システムです。

Web会議というとみなさん「Zoom飲み」などで「Zoom」を想像する方が多いと思います。

ですが、実際ビジネスとなるとこの「Teams」も多くの場で使われております。

実際、名古屋では裁判所などが「Teams」を使って弁護士事務所などとやり取りを行ったりしているそうです。

その「Teams」でどんなことができるか以下にまとめましたのでご覧ください。

①会議

ひとつめはWeb会議です。「Teams」では一つの会議に300人まで対応可能になっております。

また一つの画面で9人まで画面表示ができ、

会議で背景を映したくないときは背景画像を変えたりもできます。

 

 

②画面共有・資料共有

Teamsでは会議の中でデスクトップ画面の共有やExsel、Word、PowerPointなどの資料を共有していくことができます。

 

③チャット

さらにビデオ会議だけではなくいろんな方と「チーム」を組んでチャット、資料を共有したりできます。

 

今後、コロナが終息したとしてもこのビデオ会議であったり、テレワークの利用は増えていくかと思います。

今のうちにこのビジネススタイルを確立していくことも重要だと思います。詳しく知りたい方は一度ご連絡下さい。

 

 

 

2020.09.16

セキュリティ

Emotet(エモット)注意喚起!

 

注意喚起情報です

 

9月に入りEmotet(エモテット)が再度感染拡大しております!

弊社お客様でも、3件ほど被害確認をしております。

 

■Emotetって何・・・?

「Emotet(エモテット)」とは

2014年頃から確認されているマルウェアで、メールにより感染します。
日本では、2019年10月に感染が爆発的に増加しましたが今年9月より再度感染が
拡大しております。

実際の組織や人物になりすましたメールに添付されているWordファイルのマクロを
実行すると感染し、パソコン内のメールソフトの設定情報や過去のメール情報を
使い、自社を騙るメールが送信され感染を拡大させます。

 

出展:JPCERT/CC

 

 

■Emotetに感染した場合、どうなってしまうの・・・?

①重要な情報を盗み取られる

Emotetが媒介して情報を窃取するソフト等がダウンロードされ、
様々な情報が外部へ送信されて悪用されてしまいます。

②ランサムウェアに感染する

ランサムウェアなどがダウンロードされ、端末内のデータを暗号化、
もしくは破壊して活動の痕跡を消し去ってしまいます。

③社内の他の端末にEmotetが伝染する

Emoetは自己増殖機能を有しており、ネットワーク内に侵入すると、
保護機能の隙間を探し、ネットワーク内の他の端末への侵入を試みます。

④社外へのEmotetばらまきの踏み台にされる

Emotetで窃取したOutlookのメール情報を利用し、
取り引き先や顧客へEmotetのばらまきメールを配信します。
顧客へのばらまきメールが発生した場合には顧客への注意喚起や補償
の対応が必要となり、企業イメージの低下につながります。

 

■お客様ですぐできる対策

・会社内への注意喚起の実施
・OSの定期的なアップデートの実施(SMBの脆弱性を突く感染拡大に対する対策)
・定期的なバックアップ実施(標的型ランサムウエア攻撃に対する対策対応機器)

 

■その他の対策

・弊社担当へご相談ください。
・お客様の環境やご要望に沿ったご案内を致します。

 

 

今回のご案内は以上となります。

その他、不安点や気になることなどありましたら弊社へお気軽にご相談ください。

2020.09.03

ITソリューション

BIGPADのご紹介

 

今回、ご紹介するのはBIGPADになります

BIGPADですが主な用途としてビデオ会議・ホワイトボート機能・以前の記事で

ご紹介したネットワークカメラのモニターなど様々な使い道があります。

特に現在コロナの第2波の影響で様々な会社がビデオ会議をすることが非常に多くなっており、

BIGPADの需要が大きくなっております。またセミナーや勉強会等にもお使いいただけます。

 

弊社でも打合せや勉強会の際、BIGPADを活用しております。

サイズとしては幅広いラインナップで40型~75型までとなっております。

 

また、中部圏では名古屋駅、中部国際空港などの液晶モニターとしてBIGPADが

様々な場所で使われております。

 

デモや実物を一度見ていただくことも可能です。

興味がありましたら一度ご相談下さい。

2020.07.22

ITソリューション

ネットワークカメラのご紹介

今回は「ネットワークカメラ」のご紹介です。

 

昔は、同軸ケーブル配線の「アナログカメラ」が主流で

LANケーブル配線の「ネットワークカメラ」はほとんどありませんでしたが、

今は「ネットワークカメラ」が主流になっております。

 

 

「ネットワークカメラ」で、どんなことができるかというと、離れた場所からでも遠隔で

カメラ映像をみることができるようになります。

 

ご利用方法のひとつになりますが・・・

現在の情勢では、テレワーク等で事務所が無人になることが多いと思います。

そんなときでも事務所の様子をみることができ、防犯面でもご安心頂くことができます。

 

 

実際の導入事例ご紹介(チラシ画面が開きます)

▼ネットワークカメラでこんなことできます!PDF▼

 

 

ご興味がありましたら、お気軽にご相談ください。